【社葬】社葬をお別れ会・偲ぶ会形式で行う|準備の要点|演出・当日の流れ|しのぶば


お別れ会祭壇のイメージ

会社の創業者や会長、社長、取締役など、企業(団体)の発展に貢献し、多大な功績を残した人が亡くなった。あるいは、社員が会社の業務中に亡くなった。そういった方のために、会社が施主となる葬儀、「社葬」を執り行なうことがあります。


社葬は会社の規模に関わらず、いわゆる中小会社であっても執り行なわれます。では、社葬は一般的な葬儀とどのような違いがあるのでしょうか。


今回は「社葬」のなかでも最近、特に注目されている「お別れ会・偲ぶ会」に絞って、会を主催する手順や注意点などについて、詳しくご紹介します。



 

目次

1. 社葬とは

2. 社葬の種類

  2-1. 社葬

  2-2. お別れ会・偲ぶ会

  2-3. 合同葬

3. 社葬の意義

4. お別れ会・偲ぶ会形式の社葬

  4-1. お別れ会・偲ぶ会とは

  4-2. 友人知人主催のお別れ会・偲ぶ会

5. お別れ会・偲ぶ会が盛んになった背景

  5-1. 従来の社葬

  5-2. 宗教色の排除

  5-3. 社葬の意味の変化

  5-4. お別れ会・偲ぶ会の利点・メリット

6. お別れ会・偲ぶ会の準備

  6-1. 社葬規程

  6-2. 葬儀実行委員会の立ち上げ

  6-3. 社葬進行要領とは

  6-4. お別れ会・偲ぶ会の時期、日程の決め方

  6-5. お別れ会・偲ぶ会の費用・予算

  6-6. お別れ会・偲ぶ会の開催場所の選び方

  6-7. 社内の情報共有、役割分担・手順の明確化

  6-8. 関係各所や取引先への連絡

  6-9. 参列者

7. お別れ会・偲ぶ会の演出

  7-1. スライドや映像の上映

  7-2. メモリアルコーナーの設置

  7-3. 祭壇

  7-4. 音楽の演奏

  7-5. 司会進行

  7-6. 会食

8. お別れ会・偲ぶ会の注意点

  8-1. ホテルを会場にした場合

  8-2. 進行の仕方

  8-3. マナー

9. リハーサルで当日の動きを確認

10. お別れ会・偲ぶ会当日の進行

11. お別れ会・偲ぶ会の費用と税法

12. お別れ会・偲ぶ会の終了後に行うべきこと

  12-1. 各方面へのご挨拶

  12-2. 記録の整理・保管

  12-3. 会計上の処理



 

1. 社葬とは


「社葬」とは、会社に多大な功績を残した人物の葬儀を会社が主体となって行なう葬儀のことを指します。遺族や近親者が施主を務める通常の葬儀と異なり、故人が属していた会社が施主を務めるというのが、社葬の大きな特徴です。


一般的な葬儀である「個人葬」は、運営を親族が主体となって「故人の死を悼み、親類やご縁のあった方々でお見送りをする」というプライベートな弔いに重きが置かれます。

それに対し、会社が運営の役割を担い、葬儀に掛かる費用を会社が負担するのが「社葬」の特徴です。


社葬は、故人が関わっていた会社が一社のみの場合はその会社が単独で行いますが、故人が複数の会社の役職を兼務していた場合は、関わっていた複数社が合同で行うケースがあります。



 


2. 社葬の種類


「個人葬」にも「家族葬」や「一般葬」など形式によって名称が変わることがあるように、「社葬」にも形式によって呼び名が変わる場合があります。

社葬は、大きく「社葬」「お別れ会・偲ぶ会」「合同葬」の3つに分けられます。


2-1. 社葬


社葬は、近親者による密葬の後、日をおいてから、故人が生前に信仰していた宗教宗派の作法に則って執り行う儀礼的な要素の強い葬儀を指すのが一般的でしたが、時代と共に変化しています。


密葬とは家族やごく近しい人だけを集めて内々に執り行う葬儀のことです。家族葬との違いは、密葬が本葬の前に、親しい方々だけで静かにお別れをしたいという要望にこたえるためのもので、本葬やお別れ会・偲ぶ会が密葬の後に予定されていることです。


2-2. お別れ会・偲ぶ会


お別れ会・偲ぶ会は会社が施主となって、宗教的な儀式をせずに、参列者と共に故人の業績や人柄を偲びながらお別れする形式の葬儀です。


会社が主催者であっても、会社を過度にアピールするようなことをやめ、宗教色を薄めた形式の社葬を「お別れの会・偲ぶ会」と呼ぶことがありますが、そこに厳密な定義がある訳ではありません。


2-3. 合同葬


合同葬は遺族と会社が合同で執り行う葬儀です。葬儀の流れは一般葬と同様で、それぞれの地域の慣習にそって、通夜や葬儀・告別式を行うのが一般的です。



 


3. 社葬の意義


社葬は、一般的な葬儀に比べ会葬者数が多く、規模が大きいのが通常です。しかし、社葬であるかどうかは規模の大きさによるものではなく、施主が会社であり、会社の経費で執り行われるかどうかが判断の基準です。


ところで、社葬には他にも大切な役割があります。一つは、残された会社の構成員の士気を鼓舞し、社内体制をより強固なものにする役割。つまり、社葬は故人の意志を継いで社員一丸となり邁進する決意を新たにする、そういった場だということです。


また、「社員が会社に貢献すれば、亡くなっても会社はそれを顕彰してくれる」、ということを知れば、役員だけでなく、社員も会社に対しての帰属意識や忠誠心が大きくなります。


もう一つは、「対外的に新体制での事業継承を伝える」、ということです。


社葬は、故人の関係者だけでなく、各界からの主要関係者が会する一大行事ですから、参列者に対して会社の組織力をアピールし、後継者を中心とした磐石な体制が維持されることを外部へ知らせる場にもなります。


逆に、社葬が失敗した場合、あるいは経営トップの死に際して、会社が社葬を執り行わないとすれば、その会社に対する社会的評価の低下は、非常に大きなものになってしまいます。



 


4. お別れ会・偲ぶ会形式の社葬


4-1. お別れ会・偲ぶ会とは


お別れ会・偲ぶ会は社葬のスタイルの1つです。基本的には社葬と同じですが、宗教色をなくした式典行事の場合にこの名称を利用することが多くなっています。


お別れ会、偲ぶ会といった名称の違いや、会葬者の数、ホールの大きさなどといった規模等に関係はありません。会社が主体となって執り行う葬儀、またはお別れの儀式であり、費用についても原則、会社が負担します。名称は「お別れ会・偲ぶ会」となっていても、社葬であることに間違いはありません。


式典の進行に融通が利くため、その形態は千差万別です。さらに、最近はインターネットの普及で、オンライン形式で「お別れ会・偲ぶ会」が開催されることも増えています。



 

〇こちらを見ているあなたにおすすめ〇


お別れ会・故人を偲ぶ会を"通常よりも低価格で実現する"ための資料をプレゼント中

持ち寄ろう思い出と想いを。「しのぶば


 


4-2. 友人知人主催のお別れ会・偲ぶ会


お別れ会・偲ぶ会は会社が主催する場合に限られません。基本的に近親者や遺族のみで葬儀を済ませた後に、友人・知人、会社関係者などを招いて自由な形式で執り行うかたちで、お別れ会・偲ぶ会が一般の人たちの間にも広がっています。ここで、その背景を簡単に紹介しておきます。


通常の通夜や葬儀では形式にとらわれがちとなり、遺族は葬儀社、僧侶、弔問客などへの対応で身体的にも精神的にも疲れてしまって、故人とゆっくりお別れできないことがあります。


そこで最近では、家族葬や密葬、直葬といった、近親者など身内のみで行う葬儀が増えてきています。


さらに、葬儀を「家族葬・直葬」と「お別れの会・偲ぶ会」の二段階で執り行うことで、故人に関わる多くの人が納得できる葬送の形ができあがるという考え方です。


また、お別れの会はホテルなどを利用して開催するケースが多く、遺族側もゆっくりと過ごせるため、故人との思い出話に花を咲かせたり、生前の感謝の気持ちを伝えたりといった、参列者との交流をすることができるメリットがあります。


5. お別れ会・偲ぶ会が盛んになった背景


5-1. 従来の社葬


従来、社葬といえば大会社の経営者などが亡くなったときに、会社の威厳や威光を示すために大きなお寺で、多くの参列者を集めて大規模に行われるもの、というイメージがありました。


実際に、徳川幕府ゆかりの芝増上寺、上野寛永寺や池上本門寺、鶴見總持寺などの大寺院で、数百名から千数百名が参列、読経や焼香などの宗教儀礼を重視して行われる社葬が多くありました。



芝増上寺のイメージ
徳川家ゆかりの芝増上寺

5-2. 宗教色の排除


本来、葬儀をどういった宗教で執り行うかは、内心の自由の問題であって、亡くなった本人や遺族がきめるべきことです。会社が立ち入るべき領域ではありませんから、社葬を特定の宗教で執り行うことを会社が決めるべきではありません。


そこで、社葬を執り行うときに、宗教儀式としての葬儀は遺族が密葬として執り行い、会社はホテルやレストランで宗教色をなくして、献花や音楽で送るお別れをしようということが盛んになって来ました。


5-3. 社葬の意味の変化


時代の変化と共に、社葬は会社の威光を示すためのものではなくなりました。


会社のメンツ、体裁にこだわり、盛大な葬儀を敢行することが時代にそぐわなくなってきたのです。そういった会社中心な考え方から脱却して、社葬を故人の生き様や仕事で得た哲学などを後継者や社員に伝え、継承する場にしたいというニーズが広がってきました。そこで、形式にとらわれずに、お別れ会や偲ぶ会という形で行われることが増えてきています。


会社が主催するお別れ会・偲ぶ会でも、会社の経営理念や哲学を広く知ってもらうことを重視する傾向が強まってきています。そこで、故人を偲ぶこととともに、会社の取引先や親交のあった方々に集いの場を提供する、 パーティー的要素に重点が置かれています。


儀礼よりも接客、おもてなしを重視する、お別れ会・偲ぶ会形式の社葬は、今後もますます増えていくことが予想されます。


5-4. お別れ会・偲ぶ会の利点・メリット


宗教的な儀式の払拭、社葬の意味の変化によって、お別れ会・偲ぶ会形式の社葬が増えていルことをお話ししました。


具体的に、お別れ会・偲ぶ会には次のようなメリットがあります。


● 時間をかけてゆっくりとお別れの準備ができる

● 故人の遺志や遺族の意向にそったお別れを形にできる

● 特定の宗教・宗派にとらわれないお別れができる

● ホテルやレストランなど、会場の選択肢が幅広い

● 集まった方たちへも心のこもった対応ができる

● 形式ばらずに、想いに合わせたお別れができる



 


6. お別れ会・偲ぶ会の準備


6-1. 社葬規程


お別れ会・偲ぶ会は個人葬に比べて会葬者数が多く大規模になりがちですし、多大な費用もかかります。そのため、お別れ会・偲ぶ会の開催には、社外的な告知活動や葬儀実行委員会の設置、取締役会による開催の決定、税務上の手続きなど、さまざまな手続きを行う必然性があります。


そこで、これらの進行の枠組みなど、社葬の遂行をあり方全般を規定した社葬規程が必要となります。


社葬規程とは、会社としてどのような場合に社葬を行うか、どのように執り行うかを明文化したものです。


お別れ会・偲ぶ会も社葬に準じたものですから、社葬規程に沿った手順を踏めば間違いありま

せん。通常の社葬の準備と執行については、次の記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

【社葬】社葬を行うには|社葬の基礎知識|お別れ会・偲ぶ会形式の社葬から社葬規程まで

【社葬】社葬の準備|当日の流れ|社葬後に行うべきこと|しのぶば



6-2. 葬儀実行委員会の立ち上げ


会社は、重要な地位にある人物の急逝などの“もしもの時”に備え、基本方針を定めておく意味で、事前に「社葬規程」や「社葬進行要領」、「緊急連絡網」などを整備しておくべきです。万一の際の混乱を最小限にとどめることができます。


社葬規定に従って、お別れ会・偲ぶ会の実質的責任者である葬儀実行委員長のもと、葬儀実行委員会を設置して、具体的な準備を速やかに進めていきます。


役員会でお別れ会・偲ぶ会を決定し、議事録を作成します。短時間ですべてを決めるのは困難なので、社葬規程に基づき、あらかじめある程度の枠組みを決めておきます。


社葬規程の詳細な内容、サンプルをこちらの記事で紹介しています。併せてご覧ください。

【社葬】社葬を行うには|社葬の基礎知識|お別れ会・偲ぶ会形式の社葬から社葬規程まで



6-3. 社葬進行要領とは


社葬進行要領とは、社葬の形式に応じた式次第やタイムスケジュール、葬儀実行委員会の職務や役割分担、席次や拝礼順を定めた、いわば社葬のシナリオといっていいでしょう。


葬儀実行委員長の指揮のもと、葬儀実行委員が中心となり、社葬当日の流れをイメージしながら、必要事項を具体的に決めていきます。


社葬が決まったら、最優先すべきはこの社葬進行要領を決定することです。


6-4. お別れ会・偲ぶ会の時期、日程の決め方


社葬の開催時期に厳密な決まりはありませんが、関係各所への連絡や準備期間も考慮し、忌明け法要(四十九日法要)の前後、密葬から約1~2カ月後に行なうことが多いようです。


事前に日程を決めて時間的余裕があることで、多くの方が参加できます。遺族と参列者の事情を考慮した上で最終的な日程を決定すると良いでしょう。


6-5. お別れ会・偲ぶ会の費用・予算


会社が主催するお別れの会・偲ぶ会の場合は、原則として費用は会社が負担します。

社葬にかかる費用は大きく「会社の経費として計上できるもの」と、「会社の経費として計上できないもの」に分かれます。


法人税法では、「法人が、その役員又は使用人が死亡したため社葬を行い、その費用を負担した場合において、その社葬を行うことが社会通念上相当と認められるときは、その負担した金額のうち社葬のために通常要すると認められる部分の金額は、その支出した日の属する事業年度の損金の額に算入することができるものとする(法基通9-7-19)」としています。


この「社会通念上相当と認められる」判断基準とは、会社にとっての社葬の重要性にかかわるものです。


先にも触れたように、社葬は会社に貢献した故人を追悼する儀式であると同時に、会社にとって今後の事業方針や新体制を示す広報活動の役割を持っており、「事業継承」の機会として重要なものです。


つまり、会社にとっての社葬の重要性は認められているため、「社葬のために通常要すると認められる部分の金額」については、会社の経費として計上できるのです。


6-6. お別れ会・偲ぶ会の開催場所の選び方


お別れ会・偲ぶ会を行う場所は、葬儀や告別式とは異なり、さまざまな選択肢の中から選べます。故人の人柄や参列者の規模に合わせ、明るくて華やかな会場で行われるケースも多く見られます。


会場の例としては、ホテル、レストラン、セレモニーホールがあげられます。ホテルといえば結婚式のイメージが強いと思われますが、お別れ会・偲ぶ会の開催を積極的にアピールしているホテルも少なくありません。食事形式や演出の種類も充実しているので、参列者をもてなすことを考慮すれば、お別れ会・偲ぶ会に最適な場所といえます。



パレスホテル東京イメージ


6-7. 社内の情報共有、役割分担・手順の明確化


社葬規程社葬進行要領を基に、詳細な運営マニュアルを整備し、社内説明会で周知を徹底。社葬成功に向け、社内の情報共有を密にします。


6-8. 関係各所や取引先への連絡


主要取引先・所属団体・顧問弁護士や税理士などへの連絡を行います。

指名焼香の順位や席順を決定し、式次第・会葬礼状・会葬御礼品等の手配を行います。


6-9. 参列者


亡くなってすぐの個人葬(密葬)は近親者と友人・知人や会社の代表などが参列して行なわれます。会社が施主となるお別れ会・偲ぶ会の場合は、会社宛に案内状を出します。


案内所を受け取った会社は、参列者を会社の代表として参列させることになります。故人と同等以上の役職の方、もしくは個人的に繋がりがあった方が参列するのが通常です。



 

〇こちらを見ているあなたにおすすめ〇


お別れ会・故人を偲ぶ会を"通常よりも低価格で実現する"ための資料をプレゼント中

持ち寄ろう思い出と想いを。「しのぶば


 



7. お別れ会・偲ぶ会の演出


通常の社葬と違って、お別れ会・偲ぶ会の成功は企画・演出の良し悪しにかかっています。企画の種類はいくつもありますが、そのなかで代表的なものと注意点をあげておきます。


7-1. スライドや映像の上映


お別れ会・偲ぶ会で感動的な演出になるのが、映像の再生です。コロナ禍で参列者同士の会話が遠慮されるなか、映像の上映は会をドラマチックに盛り上げてくれます。


お別れ会・偲ぶ会をオンラインで配信する場合、こういった映像の配信はオンラインの参列者にも好評な演出になります。



7-2. メモリアルコーナーの設置


メモリアルコーナーとは故人の人柄を偲ぶために、故人の写真や実際に使用していた品物などを展示する場のことです。


参列者がそれらを見つめ、故人を偲ぶことへもつなげようとするものです。故人が身につけていたもの、趣味で制作した作品、趣味の道具などを展示する、思い出の写真をパネルにして展示するなど、その内容はさまざまです。


印象に残るメモリアルコーナーの作り方についてこちらの記事で詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

【葬儀】故人へ贈るメモリアルコーナーの作り方



7-3. 祭壇


祭壇はお別れ会・偲ぶ会の会場に欠かせないものです。遺影、遺骨、位牌を花が囲むデザインが主流です。


参列者は祭壇前で献花を行い間近で見上げます。祭壇の見た目は参列者の印象に強く残る大切な演出箇所になるので、気を抜けない箇所と言えます。


花の種類、祭壇の幅、制作の難易度で祭壇の価格は決まってきます。



祭壇イメージ


7-4. 音楽の演奏


音楽の生演奏も演出として、お別れ会・偲ぶ会はふさわしいものです。故人が好きだった曲が生で演奏されれば、普段JAZZやクラッシックなどに縁がない参列者の心もとらえるものです。



7-5. 司会進行


お別れ会・偲ぶ会の司会進行は素人には意外に難しいものです。適任者がいなければ、プロの司会者に任せれば安心です。


司会の手配は葬儀社やイベント運営会社に依頼できます。



7-6. 会食


お別れ会・偲ぶ会では参列者に会食を振る舞うことが多くなっています。


献花などのセレモニーの後に食事会場へ移動する、セレモニー会場の背後に立食形式のスペースを設ける、など様式はさまざまです。


お別れ会・偲ぶ会であっても、料理の内容は参加者にとって関心が高いものです。どのような料理を用意するかは、参列人数、年齢層を考慮して決めます。故人が好きであったものが振る舞われれば、参加者同士の会話が弾みやすくなるものですし、良い思い出にもなります。



 


8. お別れ会・偲ぶ会の注意点


8-1. ホテルを会場にした場合


ホテルでお別れ会・偲ぶ会を行う場合、宿泊客など他の利用者への配慮という点から、遺骨の持ち込みや焼香、読経などが許されない場合があります。


また、参列者・主催者ともに喪服を避け平服を着用するなど、無宗教形式で行うことが求められることがもあります。会場となるホテルによって対応は異なりますので、事前の打合せが大切です。



8-2. 進行の仕方


また、お別れ会は自由度が高い分、迷うことも多くなります。どのようなかたちにしたいのか、式の進行や演出についてもしっかりと考える必要があります。失敗の無いお別れ会を開くためにも、経験豊富な葬儀社やイベント運営会社を選びしっかりと打ち合わせることが大切です。



8-3. マナー


お別れ会・偲ぶ会の服装


お別れ会・偲ぶ会に参列するときの服装は主催者側で指定しないと、参列者が迷ってしまいます。喪服を指定することもできますが、お別れ会・偲ぶ会では平服での参加を求めることが通常です。


平服を指定する場合は、案内状に「平服でお越しください」と記載します。平服といっても、あまりくだけすぎた服装でいらっしゃる参列者はいないので、心配することはありません。


お招きする側は、準礼服の服装でお迎えするのが無難です。


お別れ会の会場となるホテルやレストランによっては「黒ネクタイはNG」などの制限があることもあります。そういった注意事項がある場合には、必ず参列者に伝えてください。



会場での名刺交換


開催側、参列側に関わりなく、通常の社葬の場において名刺交換をすることはマナー違反とされています。


お別れ会・偲ぶ会でも同様であるかは疑問のあるところです。立食パーティー形式のような場合には、参列者同士の交流も許されるのですから、マナー違反ではないと思います。



 


9. リハーサルで当日の動きを確認


設備や備品のチェック、会社にとっての賓客への対応の確認、近隣への配慮など、あらゆる事態を想定し、リハーサルを行います。


限られた時間の中、決定しなければならないことが多数あります。それぞれの会社に合わせて、迅速かつ入念に準備を進めましょう。



 


10. お別れ会・偲ぶ会当日の進行


基本的にお別れの会・偲ぶ会の進め方には決まりがないので、自由なスタイルや演出で行うことができます。事前の話し合いで決めた手順に従って進めるのが原則です。


そのため、すでに述べてきたように、どのようなお別れの会を行うのか、イメージはどのようなものか、規模はどのくらいか、どこで行うか、祭壇の予算などをそれぞれ決められていることが大切です。


当日の一般的な進行


● 参加者入場から献花

● 開式の辞・黙祷

● 思い出のスライド・映像の上映

● お別れの言葉

● 献杯

● ご歓談

● 御礼の言葉

● 閉式の辞

● 参加者退出


と順に行われます。


自由なスタイルではありますが、黙祷、献花、弔辞などを行う時間は入れたほうが良いとされています。あとは打ち合わせの中で演出などを決めていくことになります。



 


11. お別れ会・偲ぶ会の費用と税法


「お別れ会・偲ぶ会」にかかった費用のうち、「社葬のために通常要すると認められる費用」については、事業年度内の損金に算入することができます。


主なものとしては、「死亡通知費用」「葬儀場の使用料」「会葬御礼品」「僧侶へのお布施(読経料)」などがあります。


戒名料や遺族の行う法事の諸費用等は認められません。なお、香典については、税務上の取扱いは遺族の収入となります。



 


12. お別れ会・偲ぶ会の終了後に行うべきこと


お別れ会・偲ぶ会終了後に行うべきことはたくさんあります。


12-1. 各方面へのご挨拶


3日以内を目安に葬儀後の礼状を発送し、会葬御礼広告を掲載します。また重要な取引先などについては、社長等による挨拶まわりを行います。



12-2. 記録の整理・保管


式次第、参列者名簿、香典帳に加え、当日の写真やビデオも整理して保管します。故人の思い出であるとともに、今後の事態に備える貴重な記録となります。



12-3. 会計上の処理


費用の支払い 葬儀費用は通常業務の支払いとは別に行います。領収書はすべて保管し、領収書をもらいにくいお布施などは、白封筒に金額を記載し、コピーしておきます。



 

オンラインで故人を偲ぶ会を開催しませんか?  追悼サービス「しのぶば」をご検討ください。

https://www.shinobuba.com/



しのぶばが提供するのは以下のサービスです。


①オンラインで故人を偲ぶ会を開催する。

司会者を中心に、故人を偲ぶ会をオンラインで開催します。

事情があり葬儀に参列できなかった方にご好評いただいています。

②メモリアルサイト・メモリアルブックで思い出を共有。

故人らしい追悼サイトを制作いたします。

故人の友人や知人、会社関係の方々から思い出のお写真やメッセージを集めて、

メモリアルサイトとしておまとめいたします。

メモリアルサイトやメモリアルブックとして遺し、みなさまとで気持ちを共有することができます。

「娘でも知らなかった母の一面を、知ることができました。」

「故人に会えたような気がしました。」など多くの方からご好評の声をいただいています。



しのぶばのお申し込みはこちら


しのぶば オンランで開催する、あたらしい追悼のかたち